>

自分に合った治療法を見つける大切さ

がんの治療法の種類

私たちが最も恐れる病気の一つはがんです。
死に至る可能性もある病気なので、治療法の選択は大切です。
そこで、ここではがんを例にとって治療法の種類を見ていきます。

がんの場合、大きく分けると3つの治療法があります。
一つめが手術療法です。
がんを切除するものですが、状況や段階によっては手術が行えない場合もあります。
また、手術自体、術後の回復において体力を要します。

二つめが薬物療法です。
化学療法とも言われます。
薬によって、がんの細胞を殺したり、増殖を防いだりします。
この治療では、髪が抜けたり、体に負担がかかったりと副作用が出てしまうものです。

三つめが、放射線療法です。
がんにだけ放射線を照射して、がん細胞を殺します。
照射部分が炎症を起こしたり、めまいなどの副作用がでることもあります。

がん治療と同時に行われる療法

がん治療には主に3つの方法があるということがわかりました。
しかし、治療法はこの3つだけではありません。
メインの治療法に加えて、行われることのあるものがあります。

一つめが漢方薬の投薬です。
これはがん自体に対する治療ではなく、がん治療による副作用を緩和させるために用いられます。

二つめが、温熱療法です。
熱に弱いと言われているがんに直接当てます。また、体の血行をよくして免疫力を高めることにもつながります。

三つめが、理学療法です。
手術や放射線療法が終わると、体がむくんでしまう方も多いです。
そのむくみの解消のために、マッサージやスキンケアを行ったり、運動を取り入れたりします。

治療法はさまざまであり、その組み合わせを選ぶことも重要だということです。


この記事をシェアする